情報組織化研究グループ月例研究会のご案内

 年10回(2月と8月を除く)の月例研究会を開催しています。会場は毎回異なりますが、概ね大阪市内です。
 どなたでも自由にご参加いただけます。事前の申込等も特に必要はありません。
 また、案内を毎回メールでお送りすることもできます。ご質問等も含め、世話人までお気軽にご相談下さい。
 参加費は無料ですが、飲物代等として通常300円程度集めています。

月例研究会記録過去の開催案内


2016年7月月例研究会

FRBR, FRAD, FRSADの統合版FRBR-LRMの概要とその意義

日時:
2016年7月30日(土) 14:30〜17:00
会場:
大阪学院大学 2号館地下1階04教室(02-B1-04教室)
吹田市岸部南二丁目36番1号 TEL:06-6381-8434(代)
JR東海道本線岸辺駅もしくは阪急京都線正雀駅から徒歩約5分
発表者 :
和中幹雄氏(大阪学院大学)
テーマ :
FRBR, FRAD, FRSADの統合版FRBR-LRMの概要とその意義
概要:
国際図書館連盟(IFLA)のFRBRレビュー・グループは,3つの概念モデル(FRBR, FRAD, FRSAD)を統合した新たな概念モデルとして,FRBR-Library Reference Model(FRBR-LRM)を2016年2月28日にIFLAサイトに公表し,2016年5月1日までワールドワイドレビューを実施した。本発表では,この新たな概念モデルFRBR-LRMの概要を紹介し,その意義と役割を考察する。

※事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。


2016年9月月例研究会

オントロジー強化型シソーラスによる発想の"ヒント"探し

日時:
2016年9月10日(土) 14:30〜17:00
会場:
大阪学院大学 2号館地下1階04教室(02-B1-04教室)
吹田市岸部南二丁目36番1号 TEL:06-6381-8434(代)
JR東海道本線「岸辺」駅,もしくは阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
発表者 :
古崎晃司氏(大阪大学産業科学研究所)
テーマ :
オントロジー強化型シソーラスによる発想の"ヒント"探し
概要:
新しい発想には着想につながる適切な概念(キーワード)を得ることが重要となる.オントロジー強化型シソーラスは,概念間の関係を利用者の関心に応じて探索することで,発想のヒントとなるキーワードの発見を支援する.シソーラスは類義語や関連語など用語の関係をまとめたものであるが,分野ごとに用いられる用語は異なる.そこで,概念の本質的な構造を捉え,領域を横断した概念(用語)の関係を明らかにするオントロジーを用いることで,より適切な"つながり"の発見が行える.  本講演では,生物に学んだ技術開発をめざすバイオミメティクス分野での取り組みを中心に解説する.

※事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。


2016年10月月例研究会

図書館検索システムの新しい形を目指して〜NDLラボサーチとL-Crowdを中心に

日時:
2016年10月22日(土) 14:30〜17:00
会場:
大阪府立中央図書館 2階中会議室
東大阪市荒本北1-2-1
  近鉄けいはんな線「荒本」駅下車 徒歩5分
※ 中央図書館入館ゲートを通って右手エレベーターで2階へ上がり、降りてすぐ右側の入口をお入り下さい。
発表者 :
池田光雪氏(千葉大学アカデミック・リンク・センター,国立国会図書館非常勤調査員)
テーマ :
図書館検索システムの新しい形を目指して〜NDLラボサーチとL-Crowdを中心に
概要:
NDLラボは図書館が抱える課題に対し,実証的な実験を行うことで解決を図る場である。その中での取り組みの1つとして,次期図書館検索システムのためのプロトタイプとしてNDLラボサーチの開発を行い,2014年3月には新バージョンを公開した。NDLラボサーチはフロントエンド・バックエンド・リソースの疎結合な三層から構成されたディスカバリサービスであるが,今回の発表ではそのコンセプトや機能の紹介を行う。また,システムのリソース整備に関連した取り組みとして,図書館領域の問題に対しマイクロボランティアとクラウドソーシングによる解決を試みるL-Crowdを紹介する。

※事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。