情報組織化研究グループ月例研究会のご案内

 年10回(2月と8月を除く)の月例研究会を開催しています。会場は毎回異なりますが、概ね大阪市内です。
 どなたでも自由にご参加いただけます。事前の申込等も特に必要はありません。
 また、案内を毎回メールでお送りすることもできます。ご質問等も含め、世話人までお気軽にご相談下さい。
 参加費は無料ですが、飲物代等として通常300円程度集めています。

月例研究会記録過去の開催案内


2017年11月月例研究会

FRBR普及に向けたアイデア

日時:
2017年11月25日(土) 14:30〜17:00 
    ※当日の入室は14:00からとなります。

会場:
大阪学院大学 2号館・地下1階04教室(02-B1-04教室)
吹田市岸部南二丁目36番1号 TEL:06-6381-8434(代)
JR東海道本線「岸辺」駅,もしくは阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
発表者 :
千葉孝一氏
テーマ :
FRBR普及に向けたアイデア
概要:
資料種別による章立てを捨てた新NCRは、前もってFRBRを理解していなければ「初めて見るピカソの絵」に等しい。だが、FRBRの議論は抽象度が高く、こちらも普及に向けたハードルは高い。例えば、電子資料への対応の必要性が謳われているが、現場レベルでそれを実感できる具体例を提示しない限り、話は一歩も前に進まないのである。
 今回の発表では、そうした具体例を提示すると共に、「意味論的モデル」や「実体関連分析」といった理系の用語を、文系に向けて「翻訳」して説明する為のアイデアを提示する。

参 考:千葉孝一「FRBR再考」『資料組織化研究-e』No.70, 2017.4, p.1-17.

      同   「FRBR再考2」『資料組織化研究-e』No.71, 2017.10, p.1-19. (11/8 追加)
     資料組織化研究-e

※事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。


2017年12月月例研究会

Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用

日時:
2017年12月23日(土・祝) 14:30〜17:00
会場:
弁天町ORC200生涯学習センター 第2研修室(オーク200ビル内 2番街 7階)
大阪市港区弁天1-2-2-700
JR環状線「弁天町」駅、または地下鉄「弁天町」駅西口2A出口からORC200への連絡通路を進み、中央エレベーターで7階へ(徒歩3分)
発表者 :
西岡千文氏(京都大学附属図書館研究開発室)
テーマ :
Linked Dataを使用した学術論文推薦システムへの取り組みとLinked DataのIIIFでの利用
概要:
2006年以降、Linked Dataは多くの分野でデータの公開が行われ、発展している。
 本発表では、はじめにLinked Dataや関連事項の導入を行う。その後、発表者が取り組むLinked Dataを使用した学術論文の推薦システムについて紹介する。その後、近年貴重資料画像公開の規格として注目を浴びているIIIF(International Image Interoperability Framework)で、Linked Dataがどのように使用されているか、京都大学貴重資料アーカイブ(2017年9月試験公開)について紹介を行いながら検討する。

※月例研究会終了後、忘年会を行います。

 忘年会に参加希望の方は、12月16日(土)までに世話人までお申し込み下さい。

※忘年会の申込・その他の問い合わせ: info@josoken.digick.jp(世話人・松井)

※月例研究会のみの参加の場合は、事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。


2018年1月月例研究会

日本目録規則2018年版(NCR2018)条文案のRDAとの比較および今後の展開について

日時:
2018年1月20日(土) 14:30〜17:00 

会場:
大阪学院大学 2号館・地下1階04教室(02-B1-04教室)
吹田市岸部南二丁目36番1号 TEL:06-6381-8434(代)
JR東海道本線「岸辺」駅,もしくは阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
発表者 :
蟹瀬智弘氏(紀伊國屋書店)
テーマ :
日本目録規則2018年版(NCR2018)条文案のRDAとの比較および今後の展開について
概要:
NCR2018は、2017年2月に条文案が公開されたが、これが相互運用性を担保しているRDAはその間にも修正・改訂作業が続けられている。2016年にはFRBR-LRM(Library Reference Model)の実体構成を一部に取り入れた上、さらにLRMに対応することが公表された。
 本発表では、RDAと比較しながらNCR2018の特徴を確認するとともに、今後の展開を考えてみたい。

※事前申込みは不要です。当日、お気軽にご参加下さい。