情報組織化研究グループ月例研究会のご案内

 年10回(2月と8月を除く)の月例研究会を開催しています。会場は毎回異なりますが、概ね大阪市内です。
 どなたでも自由にご参加いただけます。事前の申込等も特に必要はありません。
 また、案内を毎回メールでお送りすることもできます。ご質問等も含め、世話人までお気軽にご相談下さい。
 参加費は無料ですが、資料代等として通常300円程度集めています。

月例研究会記録過去の開催案内


2024年4月月例研究会

夢見る「書誌コントロール」

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年4月20日(土) 14:30〜16:00 

会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
中井 万知子氏(元国立国会図書館、日本図書館協会分類委員長)
テーマ :
夢見る「書誌コントロール」
概要:
発表者が2023年秋に刊行した『夢見る「電子図書館」』は、国立国会図書館(以下、NDL)の電子図書館事業の歩みをたどったものである。その前史として、NDLの成立、機械化と書誌情報に対する取組みについても記述し、結果的に、NDLの書誌情報の歴史についても跡づけようとの意図を持つに至った。今回の発表では、後者をクローズアップしようと思う。NDLが創設された1948年は、ユネスコを後ろ盾とした「国際書誌コントロール」が発案されつつある時期にあたり、新設の国立図書館にとって、「書誌」は世界への窓を開いたといって過言ではない。MARCの時代を経て、情報環境の変化の中で、そのサービスがどのように変わって来たのかについて見てみたい。
参考文献:
中井万知子『夢見る「電子図書館」』郵研社,2023.
中井万知子「国立国会図書館の書誌データの今後:新方針を策定して」2008.7.19月例研究会報告<http://josoken.digick.jp/meeting/2008/200807.html>
今野創祐「bibliographic controlという用語とその概念を巡って」『図書館界』71(2), 2019.7. p.116-121 < https://www.jstage.jst.go.jp/article/toshokankai/71/2/71_116/_pdf/-char/ja>.
和中幹雄「書誌コントロールの戦後体制に関する覚書」『資料組織化研究e』No.62, 2012.4 <https://creativecity.gscc.osaka-cu.ac.jp/TS/article/view/214>
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/VKBFK8rzmZT4ry1q7)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。

※ご参加を申し込まれたものの、当日ご欠席された方は、ご連絡をいただければ、一週間に限り、動画をご覧になることができますので、ご希望の方はご連絡ください。


2024年5月月例研究会

Records in Contextsの思想と実践方法(仮)

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年5月18日 25日(土) 14:30〜16:00 

※当初の予定日時から変更となっております。
会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
元ナミ氏(東京大学文書館助教)、橋本陽氏(京都大学大学文書館助教)
テーマ :
Records in Contextsの思想と実践方法(仮)
概要:
アーカイブズ記述の新しい標準であるRecords in Contexts(RiC)は、初版が2016年に、最新の1.0版が2023年11月に公表された。本報告では、RiCがどのような思想のもと作成されているのか、そして、それを実践するにはどのような手立てがあるかについて説明する。思想の面については、従来の記述標準からなぜ変更する必要があったのかをまとめ、RiCにおいて想定される記述の原理について簡潔に言及する。さらに、それを前提知識として確認した上で、実践の面については、フランス国立公文書館が開発したRiC-O Converterなど各国の活用方法を紹介しながら検討する。
参考文献:
元ナミ、橋本陽「アーカイブズ記述の新標準:Records in Contexts (RiC)の実装方法」、『デジタルアーカイブ学会誌』6巻s3号、2022 年、s230-s233 頁、https://doi.org/10.24506/jsda.6.s3_s230
元ナミ「アーカイブズ記述の新標準:Records in Contexts(RiC)をめぐる最新動向と今後の展望」、『アーカイブズ学研究』第39号、2023年、28-39頁。
ICA-EGAD, https://github.com/ICA-EGAD
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/xL8hVzF4UPETvRei7)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。

※ご参加を申し込まれたものの、当日ご欠席された方は、ご連絡をいただければ、一週間に限り、動画をご覧になることができますので、ご希望の方はご連絡ください。


2024年6月月例研究会

情報組織化研究グループと私(仮題)

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年6月8日(土) 14:30〜16:00 

会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
田窪 直規氏(近畿大学)
テーマ :
情報組織化研究グループと私(仮題)
概要:
情報組織化研究グループに顔を出しだして40年弱(当時は整理技術研究グループ)。私の研究はこのグループとつかず離れずであったように思う。3月末で近畿大学司書課程の教員を定年退職したので、私の研究の来し方を情報組織化研究グループとのかかわりを意識しつつ振り返ってみたい。
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/1iW7nG6R3cqotMpa9)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。

2024年7月月例研究会

日本十進分類法(NDC)の100年・その分水嶺

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年7月6日(土) 14:30〜16:00 

会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
藤倉 恵一氏(文教大学越谷図書館)
テーマ :
日本十進分類法(NDC)の100年・その分水嶺)
概要:

日本十進分類法(NDC)は、1928年の原案公開および1929年の第1版刊行からまもなく100年を迎える。

筆者は2012年以来NDC史を主テーマとしていくつかの研究を行ってきたが、2024年、NDCの刊行に至る経緯から最新の新訂10版までを対象に、NDCおよび関連人物の動向を通史としてまとめあげた学位論文「日本十進分類法の展開に関する歴史的研究」をもって博士号を取得に至り、ひとつの着地点を得た。

この発表では、この博士論文の構成をもとにNDCの歴史を概説し、特にあまりこれまでの研究で述べられていなかったいくつかのエピソードを取り上げる。

参考文献:
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/eWD247n1WJMyu9xm9)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。