情報組織化研究グループ月例研究会のご案内

 年10回(2月と8月を除く)の月例研究会を開催しています。会場は毎回異なりますが、概ね大阪市内です。
 どなたでも自由にご参加いただけます。事前の申込等も特に必要はありません。
 また、案内を毎回メールでお送りすることもできます。ご質問等も含め、世話人までお気軽にご相談下さい。
 参加費は無料ですが、資料代等として通常300円程度集めています。

月例研究会記録過去の開催案内


2024年7月月例研究会

日本十進分類法(NDC)の100年・その分水嶺

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年7月6日(土) 14:30〜16:00 

会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
藤倉 恵一氏(文教大学越谷図書館)
テーマ :
日本十進分類法(NDC)の100年・その分水嶺)
概要:

日本十進分類法(NDC)は、1928年の原案公開および1929年の第1版刊行からまもなく100年を迎える。

筆者は2012年以来NDC史を主テーマとしていくつかの研究を行ってきたが、2024年、NDCの刊行に至る経緯から最新の新訂10版までを対象に、NDCおよび関連人物の動向を通史としてまとめあげた学位論文「日本十進分類法の展開に関する歴史的研究」をもって博士号を取得に至り、ひとつの着地点を得た。

この発表では、この博士論文の構成をもとにNDCの歴史を概説し、特にあまりこれまでの研究で述べられていなかったいくつかのエピソードを取り上げる。

参考文献:
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/eWD247n1WJMyu9xm9)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。

※ご参加を申し込まれたものの、当日ご欠席された方は、ご連絡をいただければ、一週間に限り、動画をご覧になることができますので、ご希望の方はご連絡ください。


2024年12月月例研究会

索引言語Broad System of Ordering (BSO)の新しさ

※オンライン開催のため事前にお申し込みが必要です。

日時:
2024年12月7日(土) 14:30〜16:00 

会場(開催方法):
Zoomミーティング
発表者 :
川村 敬一氏(元獨協医科大学図書館・英国BSO委員会)
テーマ :
索引言語Broad System of Ordering (BSO)の新しさ
概要:

BSOはユネスコと国際学術連合会議(ICSU)が提唱した世界科学情報システム構想(World Science Information System or UNISIST programme)に基づき、国際ドキュメンテーション連盟(FID)を舞台に、異なる索引言語(分類表,件名標目表、シソーラスなど)が作り出す主題情報の変換言語として1978年に完成した。索引言語としてのBSOは、戦後の分類研究の理論的成果を具現した新しい一般分類表と位置づけできる。1994年に機械可読の改訂版が出てから30年が経つが、最近ではインターネットの普及にともなう利用者自身による主題検索を支援する情報言語として注目されている。発表者は2023年に内外の潜在的BSO利用者にむけた英文図書を樹村房より出版した。本書の構成を解説した上で、変換言語、索引言語、情報言語としてのBSOについて述べる。

参考文献:
  • Kawamura, K. Broad System of Ordering (BSO). Tokyo, Jusonbo, 2023, 91p.
  • 川村敬一『主題検索の現状理解と今後の方向性について』樹村房,2020, 84p.
  • Kawamura, K. “Eric Coates”. ISKO Encyclopedia of Knowledge Organization. 2018. (https://www.isko.org/cyclo/coates
参加資格 :
どなたでもご参加いただけます。人数制限はございません。
参加費用 :
無料
参加方法 :
申し込みサイト(https://forms.gle/wAi1BUVLUQqk2p648)にてお申し込みください。【お申込み直後に】折り返しアドレスをお知らせします。

※ご参加を申し込まれたものの、当日ご欠席された方は、ご連絡をいただければ、一週間に限り、動画をご覧になることができますので、ご希望の方はご連絡ください。