情報組織化関連記事一覧2010-

<情報組織化(総論)>

情報組織化に関する総論的なもの。 /→ トップ(目次)へ戻る


情報組織化(総論)

/→目次へ

渡邊隆弘
「書誌コントロールと目録サービス」『図書館界』61(5), 2010.1. p.556-571. (350号記念特集 図書館・図書館学の発展--21世紀初頭の図書館 資料・情報の組織化) →全文
2000-2009年の文献レビュー。目録サービスと、それを構築するための目録業務・政策を扱う。
水嶋英治
「博物館・図書館・アーカイブズの概念変化とデジタル文化財:博物館界から見たMLA連携の可能性を探る」『『図書館・博物館・文書館の連携』(シリーズ図書館情報学のフロンティア 10)』2010.10. p.131-152.
「記録化を考える」の章あり(記録化とドキュメンテーション、情報と記録化、データ・情報・知識、ほか)
西田洋平
「情報学の哲学的前提と生命観」『情報メディア研究』10(1), 2011. p.63-74. →全文
前半に「情報検索研究におけるアプローチ転換とその含意」
水谷長志
「MLA連携:アート・ドキュメンテーションからのアプローチ 」『カレントアウェアネス』308, 2011.6. p.20-26. (CA1749:研究文献レビュー) →全文
メタデータ等への言及あり
大槻明岡田謙一
「知識の構造化俯瞰表現に関する研究」『情報知識学会誌』21(3), 2011.10. p.350-361. →全文
知識の「俯瞰マップ」を作成するソフトウェアを開発し、実験。
石井啓豊
「図書館情報学の再規定による知識情報学の展望」『情報管理』54(7), 2011.10. p.387-399. →全文
図書館情報学の新しい構成としての「知識情報学」を構想。現実世界を、知識空間と情報資源空間の関係性から成る「知識情報空間」ととらえる
長尾真
「Big Data にどう取り組むか」『JAPIO Year Book』2012, 2012. p.50-53. →全文
辻井潤一
「情報検索から情報構造化、情報発見へ向けて」『JAPIO Year Book』2012, 2012. p.54-57. →全文
他の分類:情報検索技術
深見嘉明
「図書館とメタデータの新たな関係性:ユーザのアクティビティをどう活かすのか」『現代の図書館』50(2), 2012.6. p.106-113. (特集ソーシャルメディアが広げる図書館の「輪」と「場」)
兼松芳之
「図書館サービスにおけるナレッジマネジメントツール」『情報の科学と技術』62(7), 2012.7. p.288-295. (特集:ナレッジマネジメントにおけるWeb活用) →全文
他の分類:レファレンス・パスファインダー
犬塚篤
「ビッグデータ時代の知識共有」『情報の科学と技術』62(7), 2012.7. p.302-307. (特集:ナレッジマネジメントにおけるWeb活用) →全文
長尾真
「未来の図書館を作るとは」『LRG:ライブラリー・リソース・ガイド』1, 2012.11. p.10-48.
「知識の表現の組織化」の章など
田窪直規
「MLA連携について:情報組織化をも意識して」『『情報環境の変化に適切に対応する目録規則の在り方に関する研究:研究成果報告書』』2013.3. p.262-269. →全文
2011年5月の研究会発表資料を採録
田窪直規
「索引構造と情報組織化(研究)の隘路」『図書館界』65(3), 2013.9. p.200-210.
吉見俊哉
「デジタル時代における知識循環型社会の価値創造基盤 」『情報管理』56(8), 2013.11. p.491-497. →全文
山本祐輔
「大学図書館の資源を研究推進にもっと活用するために:iMLA連携とオルタナティブな研究力分析の観点から」『Academic Resource Guide』501, 2014.3. →全文
他の分類:デジタルアーカイブ
長谷川正好
「図書館・情報科学の第六法則の新提案<人間の限界/人間の弱点を補完せよ!>」『情報の科学と技術』64(12), 2014.12. p.527-531. (会員からの意見)
江藤正己
「利用に基づく情報の組織化」『『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(池谷のぞみ[ほか]編著)』2015.3. p.137-146.
長田秀一
「利用者志向の組織化」『『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(池谷のぞみ[ほか]編著)』2015.3. p.81-90.
大場利康
「デジタル・アーカイブ構築にあたって考えるべきこと」『『デジタル・アーカイブとは何か:理論と実践』(岡本真・柳与志夫編)』2015.6. p.131-156.
他の分類:デジタルアーカイブ
大向一輝
「学術情報流通とオープンデータ」『情報の科学と技術』65(12), 2015.12. p.503-508. (特集:オープンデータ) →全文
他の分類:OPAC高度化-データ開放NACSIS-CAT
原田隆史
「ウェブサービスの動向」『『メタデータとウェブサービス』(日本図書館情報学会研究委員会編)』2016.11. p.111-125.

情報標準(総論)

/→目次へ

科学技術振興機構イノベーション推進本部知識基盤情報部
「SIST(科学技術情報流通技術基準)事業の終了について」『情報の科学と技術』62(3), 2012.3. p.133-134. →全文
時実象一
「SIST終了について」『情報の科学と技術』62(3), 2012.3. p.135-136. →全文
小野寺夏生
「今後の標準化活動について望むこと」『情報の科学と技術』62(3), 2012.3. p.137. →全文
SIST事業終了を受けて
齊藤泰雄[ほか]
「特集:「ISOと標準化」の編集にあたって 」『情報の科学と技術』65(8), 2015.8. p.327. (特集:ISOと標準化)
宮澤彰
「標準化の世界」『情報の科学と技術』65(8), 2015.8. p.328-334. (特集:ISOと標準化)
石崎俊
「ISO/TC 37の用語の標準化活動」『情報の科学と技術』65(8), 2015.8. p.335-340. (特集:ISOと標準化)
菅野育子
「ISO/TC46の現状:情報流通における国際標準化の意義」『情報の科学と技術』65(8), 2015.8. p.341-346. (特集:ISOと標準化)
時実象一
「SIST(科学技術情報流通技術基準)について」『情報の科学と技術』65(8), 2015.8. p.350-354. (特集:ISOと標準化)

目次・索引・引用等

/→目次へ

藤田節子
「図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析」『情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集』7, 2010.10. p.33-36. →全文
2005,2007年の論文における参照URLを調査。
藤田節子
「失われていくインターネット上の参照文献:図書館情報学分野の雑誌論文に参照されたインターネット文献の入手可能性の分析調査」『情報管理』53(9), 2010.12. p.492-503. →全文
2005,2007年の論文における参照URLを調査。
飯田建
「子どもたちの知のデータベース『総合百科事典ポプラディア』をつくる」『情報管理』54(5), 2011.8. p.243-253. →全文
小出いずみ
「それは「数える」ことから始まった:デジタルヒューマニティーズの経験」『DHjp』1, 2014.2. p.77-82.

c2010- 渡邊隆弘 watanabe[at]tezuka-gu.ac.jp