情報組織化関連記事一覧2010-

著者名順リスト <ラ〜ワ>

トップへ戻る


目次へ

ラク
洛西一周
「ごぞんじですか? カーリル 」『専門図書館』242, 2010. p.47-53. →全文
コンセプト、開発の経緯、検索の仕組みなど 分類:総合目録
洛西一周
「カーリル:個人で作る図書館システムの次代を拓く」『図書館雑誌』105(2), 2011.2. p.88-89.
カーリル図書館APIの利用例も紹介 分類:総合目録

目次へ

李東真
★「書誌情報が不明確な動的映像資料の組織化における問題点の分析」『レコード・マネジメント』63, 2012.12. p.29-44.
分類:画像・映像アーカイブ
李東真
「動的映像用シソーラスの構築事例の考察とその適用可能性について」『情報知識学会誌』23(2), 2013.6. p.241-246. (特集:第21回 (2013年度) 年次大会 (研究報告会&総会)) →全文
分類:シソーラス画像・映像アーカイブ
李東真
「動的映像資料データベース構築における標準目録規則・メタデータ標準の考察と準用について  」『公開シンポジウム「人文科学とデータベース」発表論文集』20, 2014.12. p.15-20.
分類:画像・映像アーカイブ
リヨ
侯漢清劉華梅◆カク◆嘉樹[著]梁桂熟[訳]
「60年来の情報検索言語及びその相互運用性の進展(1949-2009)」『図書館界』63(3), 2011.9. p.260-273. (シリーズ・新中国図書館の60年) →全文
中国の分類法、件名標目法、シソーラスの歴史。相互運用性に関わる研究動向も。 分類:主題索引法

目次へ

ワカ
若林晴子コルカット, マーティンC
「海外機関所蔵の日本史史料:目録編纂,ディジタル化,データベース構築の現状と課題」『人工知能学会誌』25(1), 2010.1. p.11-16. (特集:歴史知識学) →全文
主に米国の事情 分類:和漢古書文書資料(図書館)
村瀬菜都子若林宏明
「ラクオリア創薬株式会社におけるリンクリゾルバを活用した情報提供について」『情報管理』54(3), 2011.6. p.135-143 . →全文
所蔵一括確認システムなど 分類:リンキングシステム
若松昭子
「インキュナブラコレクションの形成と組織化:二類型の発展から融合へ」『『図書館は市民と本・情報をむすぶ』(池谷のぞみ[ほか]編著)』2015.3. p.24-33.
分類:目録史西洋古典資料
ワタ
和田匡路川向直樹
「件名標目表の代表分類記号と書誌レコードの一致する割合」『日本図書館情報学会研究大会発表要綱』2010, 2010.10. p.61-64.
NDLSHの代表分類記号と書誌レコードの分類記号の一致度を調査。 分類:NDLSH
和田匡路
「構造-表示方法説に基づく階層構造分類法の合成のSKOSによる表現」『Library and Information Science』75, 2016. p.1-32.
分類:NDCセマンティックウェブ
渡邉晃
「日本オンライン情報検索ユーザー会(OUG):インターネット/ビジネス分科会の活動」『情報の科学と技術』60(5), 2010.5. p.179-182. (特集:OUG/SIGの活動紹介) →全文
分類:情報検索サービス
山田智之西信能佐藤友思棚橋佳子渡辺麻子松邑勝治黒沢努矢口学
「高精度研究者人名名寄せによる効率的な研究成果情報の集積方法」『情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集』7, 2010.10. p.117-122. →全文
JSTの人名名寄せ。トムソンロイターのデータも利用して 分類:典拠コントロール情報検索サービス
桐山勉藤城享栗原健一川島順長谷川正好渡邊彩
「4つの観点からの特許情報分析手法の研究:Boolean検索、テキストマイニング検索、俯瞰可視化NWA及び引用被引用NWAの複合検索 」『情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集』12, 2015.12. p.73-78. →全文
分類:情報検索サービス−特許
渡辺悦子
「アーカイブズ所蔵機関情報の記述に関する国際標準(ISDIAH)とその周辺:諸外国における受容と実例等について 」『北の丸』48, 2016.3. p.35-70. →全文
分類:文書資料−記述規則
渡邉英理子
「電子リソース利用環境の整備に向けた取り組み:リンクリゾルバを中心に」『薬学図書館』56(1), 2011.3. p.28-34. (特集:平成22年度日本薬学図書館協議会研究集会)
「京大Article Linker」の事例 分類:リンキングシステム
渡邉英理子香川朋子
「図書館におけるナレッジベース活用の拡がりとKBARTの役割」『カレントアウェアネス』314, 2012.12. p.14-17. (CA1784:動向レビュー) →全文
分類:リンキングシステム
渡邊勝太郎木村考宏川村隆浩松本尚也佐藤智宣櫛田達矢松邑勝治
「J-GLOBAL knowledge:JST情報資産のRDF化および分析基盤の構築 」『情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集』12, 2015.12. p.109-114. →全文
分類:情報検索サービス
川村隆浩古崎晃司櫛田達矢渡邊勝太郎松邑勝治
「単語の分散表現を用いた論文抄録データからの科学技術用語シソーラス拡充手法の提案」『情報知識学会誌』26(2), 2016.5. p.102-109. (特集:第24回(2016年度) 年次大会(研究報告会&総会) ) →全文
分類:マイニングシソーラス
木村考宏渡邊勝太郎
「J-GLOBALのリニューアル」『情報管理』59(2), 2016.5. p.132-135. (JSTサービス紹介) →全文
分類:情報検索サービス
川村隆浩渡邊勝太郎松邑勝治櫛田達矢古崎晃司
「JST科学技術用語シソーラスのLinked Data化:科学技術情報をリンクする知識インフラの構築に向けて」『情報管理』59(12), 2017.3. p.839-848. →全文
分類:JSTシソーラスセマンティックウェブ
吉賀夏子渡辺健次只木進一
「貴重書書誌の注記から抽出したメタデータによるオントロジー構築および書誌・美術関連Linked Data と連携した検索システム構築」『ディジタル図書館』45, 2013.9. →全文
FRBRooを拡張したオントロジー構築 分類:和漢古書デジタルアーカイブ
渡辺浩一
「日本近世・近代在地記録史料群の階層構造分析方法について」『『アーカイブズの構造認識と編成記述』(国文学研究資料館編)』2014.3. p.99-119.
分類:文書資料−記述規則
渡邉怜尾崎亮典
★「神奈川工科大学におけるWorldCat Localの導入について 」『大学の図書館』480, 2013.11. p.192-195. (特集:ディスカバリーサービス )
分類:OPAC高度化−統合検索
渡部淳
「国立国会図書館による博士論文収集の現況と課題」『カレントアウェアネス』332, 2017.6. p.13-15. (CA1900) →全文
分類:機関リポジトリ書誌コントロール−国レベル
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2010, 2010. p.115-117. (図書館概況2009)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「書誌コントロールと目録サービス」『図書館界』61(5), 2010.1. p.556-571. (350号記念特集 図書館・図書館学の発展--21世紀初頭の図書館 資料・情報の組織化) →全文
2000-2009年の文献レビュー。目録サービスと、それを構築するための目録業務・政策を扱う。 分類:情報組織化(総論)
渡邊隆弘
「新時代の目録規則へ向けて:第13分科会 目録」『図書館雑誌』104(8), 2010.8. p.493. (平成22年度全国図書館大会への招待)
分類:イベント報告・案内
渡邊隆弘
「典拠コントロールの現状と将来」『情報の科学と技術』60(9), 2010.9. p.371-377. (特集:書誌コントロール再考) →全文
近年の動向における典拠コントロールの方向性。図書館外での「識別子」の動きなども 分類:典拠コントロール目録法識別子
渡邊隆弘
「目録規則をめぐる今日的状況」『全国図書館大会要綱』96, 2010.9. p.189-191. (第13分科会(目録))
奈良大会 分類:目録規則
渡邊隆弘
「新時代の目録規則へ向けて:第13分科会 目録」『図書館雑誌』104(12), 2010.12. p.794. (平成22年度全国図書館大会ハイライト)
分類:イベント報告・案内
渡邊隆弘
「「国際目録原則覚書」策定過程の諸論点:草案の変遷から」『資料組織化研究-e』59, 2010.12. p.1-12. →全文
2003年から2009年の完成までの草案の変遷をたどる 分類:国際目録原則
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2011, 2011. p.117-120. (図書館概況2010)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「《座標》新しい「日本目録規則」へ」『図書館界』62(5), 2011.1. p.333. →全文
分類:日本目録規則
渡邊隆弘
「新しい目録規則(RDA)から得られるもの:機械可読性の視点から」『図書館界』63(2), 2011.7. p.114-121. →全文
RDAとそのMARC21表現を、機械可読性の視点から評価 分類:英米目録規則書誌データフォーマット
渡邊隆弘
「典拠コントロールとオントロジー:豊かな情報アクセスのための基盤 」『情報の科学と技術』61(11), 2011.11. p.434-440. (特集 : 「典拠・識別子の可能性:ウェブ・オントロジーとの関わりの中で」) →全文
書誌コントロール政策の見直しと典拠コントロール、主題典拠をめぐる動向、オントロジーと典拠コントロールなど 分類:典拠コントロールオントロジー主題索引法
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2012, 2012. p.116-118. (図書館概況2011)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「《討議報告》著者名典拠作成の自動化を目指して(発表:上田洋氏ほか)」『TP&Dフォーラムシリーズ』20, 2012.3. p.35-36.
分類:イベント報告・案内
渡邊隆弘
「《討議報告》RDAをめぐる最新状況と目録法の課題整理(発表:和中幹雄氏)」『TP&Dフォーラムシリーズ』21, 2012.8. p.24-25.
分類:イベント報告・案内
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2013, 2013. p.117-119. (図書館概況2012)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「図書館目録をめぐる動向:2007〜2012」『『情報環境の変化に適切に対応する目録規則の在り方に関する研究:研究成果報告書』』2013.3. p.106-129. →全文
分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「国際研究会「東アジアの目録規則」記録」『『情報環境の変化に適切に対応する目録規則の在り方に関する研究:研究成果報告書』』2013.3. p.39-105. →全文
2011年1月に開催した研究会の逐次記録。 分類:目録規則書誌コントロール−国レベル
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2014, 2014. p.117-119. (図書館概況2013)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「《討議報告》?国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)におけるメタデータ設計と運用(発表:白石啓氏)」『TP&Dフォーラムシリーズ』23, 2014.7. p.27-28.
分類:イベント報告・案内
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2015, 2015. p.110-112. (図書館概況2014)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「《書評》『RDA:資源の記述とアクセス』」『日本図書館情報学会誌』61(2), 2015.6. p.131-132.
分類:書評
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2016, 2016. p.110-112. (図書館概況2015)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡邊隆弘
「《座標》教科書執筆から思うこと」『図書館界』67(6), 2016.3. p.337.
分類:目録規則資料組織化教育
渡邊隆弘
「整理技術と書誌情報」『図書館年鑑』2017, 2017. p.110-112. (図書館概況2016)
1年間(暦年)の動向 分類:書誌コントロール
渡辺哲成
「「大学図書館情報システム ネオシリウス/ネオシリウス・クラウド」のご紹介」『薬学図書館』57(4), 2012.10. p.309-315. (特集:図書館システム )
分類:図書館システム
谷川英和渡辺俊規増満光難波英嗣
「特許調査の高品質化・高効率化のための特許検索式の自動提案技術」『JAPIO Year Book』2011, 2011. p.160-165. →全文
分類:情報検索サービス−特許概念検索情報検索技術
谷川英和渡辺俊規増満光難波英嗣
「日米の特許調査の高品質化・高効率化のための特許検索式の自動提案技術」『JAPIO Year Book』2012, 2012. p.164-169. →全文
分類:情報検索サービス−特許概念検索
渡邊豊英
「産業日本語プロジェクトの概要:特許・技術情報の利用性向上のために」『情報管理』53(9), 2010.12. p.480-491. →全文
特許オントロジーについても紹介 分類:オントロジ
渡部葉子
「アート・アーカイヴの実践:慶應義塾大学アート・センター」『『MLA連携の現状・課題・将来』』2010.6. p.219-231.
分類:博物館資料−データベース
綿抜豊昭
「「書誌学」の学習」『現代の図書館』53(2), 2015.6. p.76-81. (特集 「書誌」万考:書物学・書誌学のいま )
分類:書誌学
ワナ
和中幹雄
「目録に関わる原則と概念モデル策定の動向」『カレントアウェアネス』303, 2010.3. p.23-27. (CA1713:動向レビュー) →全文
国際目録原則、FRAD、FRSAD草案などの概要 分類:国際目録原則FRBR
和中幹雄
「「国際目録原則」における「一般原則」について」『資料組織化研究-e』58, 2010.3. p.1-15. →全文
国際目録原則2章の「一般原則」の意義を検討。ランガナタン、スヴェノニアスの言説との比較など 分類:国際目録原則
和中幹雄
「主題典拠データの機能要件(FRSAD)の概要」『現代の図書館』48(4), 2010.12. p.224-230. (特集:分類新時代)
概念モデルを詳細に解説 分類:FRBR主題索引法
和中幹雄
「FRBRにおける「著作」概念の特徴とNCR改訂の方向性」『資料組織化研究-e』59, 2010.12. p.33-42. →全文
NCR改訂の動きを念頭に、FRBR等の「著作」概念を検討。NCR87策定時に一時検討された「著作単位」についても。 分類:FRBR日本目録規則
和中幹雄
「「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性 (1) 「転記の原則」をめぐって」『資料組織化研究-e』61, 2011.10. p.10-30. →全文
分類:英米目録規則
和中幹雄
「RDA:ウェブの世界に乗り出す目録規則(解説)」『カレントアウェアネス』311, 2012.3. p.16-17. (CA1766) →全文
ティレット論文の「解説」としてRDAに関わる背景事項を 分類:英米目録規則
和中幹雄
「書誌コントロールの戦後体制に関する覚書」『資料組織化研究-e』62, 2012.4. p.11-23. →全文
分類:書誌コントロール目録規則
和中幹雄
「書誌コントロールの新たなフレームワークに向けた課題整理:JAPAN/MARC頒布開始から30年が経過して 」『図書館界』64(2), 2012.7. p.122-132. →全文
分類:英米目録規則書誌コントロール
和中幹雄
「RDAをめぐる最新状況と目録法の課題整理」『TP&Dフォーラムシリーズ』21, 2012.8. p.11-23.
導入テストとその対応を中心に 分類:英米目録規則
和中幹雄
「「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性(2) RDA本格導入直前の改訂作業について(その1)」『資料組織化研究-e』63, 2013.2. p.11-31. →全文
分類:英米目録規則
和中幹雄
「「決定をRDA刊行後に持ち越した課題」から見るRDAの方向性 (3) RDA本格導入直前の改訂作業について (その2)」『資料組織化研究-e』64, 2013.4. p.14-27. →全文
分類:英米目録規則
和中幹雄
「《討議報告》??和古書資料組織化における課題:記述・典拠・識別(発表:山中秀夫氏)」『TP&Dフォーラムシリーズ』22, 2013.8. p.47-48.
分類:イベント報告・案内
和中幹雄
「もう一つの『日本目録規則 1965 年版』批判:石田公道の著作論」『資料組織化研究-e』65, 2014.3. p.1-20. →全文
分類:日本目録規則和漢古書
和中幹雄
「エレメント・セットと語彙から見たRDA理解」『図書館界』66(2), 2014.7. p.172-181.
分類:英米目録規則
和中幹雄
「RDAと国際化:個人名の典拠形アクセスポイントの形式をめぐって」『資料組織化研究-e』66, 2015.3. p.26-48. →全文
分類:英米目録規則典拠コントロール多言語資料
和中幹雄
「《討議報告》LOD化によるデジタル文化財の利活用を目指して」『TP&Dフォーラムシリーズ』25, 2016.8. p.34-35.
分類:イベント報告・案内
和中幹雄
「FRBR-LRM(FRBR,FRAD,FRSADの統合案)の概要メモ」『資料組織化研究-e』69, 2016.10. p.27-41. →全文
分類:FRBR
和中幹雄
「「日本目録規則(NCR)2018年版」(仮称)へのコメント」『資料組織化研究-e』70, 2017.4. p.27-48. (コラム:カタロガーのメモ) →全文
分類:日本目録規則

c2010- 渡邊隆弘 watanabe[at]tezuka-gu.ac.jp